はじめての方へ    ファブラボ鎌倉について / 朝ファブ/ OPEN LAB

 ひとりひとりの興味・スキル・都合に合わせて、各プログラムを選択し参加、受講することができます。

はじめてのFABLAB講座/ファブラボ鎌倉について

現在、オンラインにてファブラボ鎌倉の代表の渡辺の講演無料で公開されております。いつでも、どこでも、どなたでも楽しんでいただければ嬉しいです。

 

プログラム対象者:ファブラボ鎌倉の取組みに興味のある方 

OPEN LAB 朝ファブについて

【朝ファブ】

新型コロナウィルス感染予防対策のため、事前予約制とTOPページより申込ください。

 

月曜日の午前9時にファブラボ鎌倉にお集まり頂き、ラボが入居している結の蔵(125年前の歴史的建造物のメンテナンス)にご協力頂ける方に限り、午前10-12時の間で機材の利用が可能になります。​
​(箒掛け、雑巾掛け、草むしり、窓ふき、ゴミ拾いなど)

 

お休みのお知らせ :

祝日・大雨・積雪5cm以上の場合は、朝ファブをお休みします。facebookページでお知らせ

毎週月曜日 午前 9:00 集合

125年前の酒蔵を一緒にメンテナンス (掃除)

*祝日・8月はお休みです

 

10:00 am - 12:00 pm 頃まで

ファブラボ鎌倉にてものづくりができます。

​​

​【お越し頂く前に、利用規約のご一読をお願いします】

ファブラボ憲章に同意します

*データ作成 / 出力代行などを頼んだりしません

*機材利用の操作法は、トレーニングプログラムを受講、

 もしくは掃除後の朝ファブに通って習得します

*混雑時は、他の方とも機材を譲り合いながら使用します

*状況によって機材利用できない場合も、腹を立てません

*レーザーカッター加工素材は、紙・布・木材とします

*個人的な興味、探求心を持って機材を利用します

* 制作風景、作品、活動は全て公開しても問題ありません

* わからない時は、自分で調べてから質問します

* 制作に関してのゴミも、ケガも、全て自分で持ち帰ります

*大声を出したり、スタッフを困らせたりしません

*いつも笑顔を忘れません!

 

 
OPEN LAB について

ファブラボ鎌倉のプログラムを受講された方を対象に、毎月1回 週末のOPEN LABを実施しています。 ゲストもホストもなく集う方の声を反映しながら、「つくる場」をつくっていくことが目的です。まずは、一緒につくりながら考えていきませんか?

OPEN LAB

プログラム内容

•ファブラボ鎌倉のFAB講座を受講後に、試行錯誤したい方向けの時間

時間:13:00 - 16:00 (時間内であれば自由に来場いただけます)

場所:FabLab Kamakura

定員 : 3名 (参加資格:規定の講座受講及び修了者が対象となります)

申し込み:Peatix (2日前12:00まで)  TOPページにてご覧いただけます

施設入場料(税込):3,300円/1名 

※親子で参加の場合、1名分の申し込みで小学生以下1名が追加料金1,650円(当日現金支払)で参加できます。 中学生以上はもう1名分をお申込みください。

(対象機材:レーザーカッター / 3Dプリンタ)

※ 料金には、機材利用時間(60分)が含まれております。(加工時間ではないのでご注意ください)

※ 60分以上の利用の場合は、各機材規定によって費用が発生しますので予めご了承ください。

※ レーザーカッター追加利用料金 : 15分500円 

※ 3Dプリンタ追加利用料金 : 30分200円 

 

 

データ作成用のパソコンはご利用可能です。個別に作成したデータは、保管しないため、

お持ち帰りいただくためのUSBをご持参ください。

 

 

参加対象のプログラム

・FAB BASIC (2Dデザイン/レーザーカッター) 

・FAB BASIC (3Dデザイン/3Dプリンター) 

・IoT BASIC (施設利用可能です) 

 

OPEN LAB 参加利用規約

* ファブラボ憲章に同意します

* 加工以外に、集う人の一期一会も大切にします

* データ作成 / 出力代行などを頼んだりしません

* 事前に該当する講座を受講しています

* 混雑時は、他の方とも機材を譲り合いながら使用します

* 状況によって機材利用できない場合も、腹を立てません

* レーザーカッター加工素材は、紙・布・木材なるべく利用します

* 制作風景、作品、活動は全て公開しても問題ありません

* わからない時は、自分で調べてから質問します

* 制作に関してのゴミも、ケガも、全て自分で持ち帰ります

* 大声を出したり、スタッフを困らせたりしません

* 思いやりの心といつも笑顔を忘れません